キャリア

~TOIEC900点のおすすめ勉強法~

リケジョ
リケジョ
皆さん英語の勉強ってどうされていますか?
白馬くん
白馬くん
会社でも英語大事!とか言われているけど、なんとなく苦手意識が強く…。
リケジョ
リケジョ
そうだよね。私も中々苦手意識がなくならないな。
白馬くん
白馬くん
たださ、会社に勤めていると、英語できないと…。危機感を感じるよね。
リケジョ
リケジョ
そうなのよね。今回はなにかと苦手意識のある英語について記載したいと思います

英語について考えること

リケジョは、実は地味にTOIECスコアは900点を超えています…!一般的に考えるとスコアだけみれば、英語に困らないのではと思うかもしれませんが、それでも、いまだに英語の苦手意識は消えません。英語話すとき超ビビってます…。お仕事は、単にTOIECで高いスコアがあるだけでなく、コミュニケーション能力の高さも必要ですよね。両方合わせて英語の能力なのではないかな~と思います。カタコトの英語でもがんがん取引を進んめるタイプ(←尊敬)もいますよね。だから、単にTOIECで高い点を取ることだけが、英語の苦手意識を克服することい繋がるわけでもないと思っています。
一方で、社内の基準でTOIEC700点以上が参加できる研修、TOIEC800点以上の人専用のプログラム等、何かとTOIECで足切りをするんですよね。
駐在や昇進にも英語の条件がある会社が増えてきていますよね。会社としては、皆さんの英語能力を一人一人チェックして…なんてことはしないので、やっぱり日本ではTOIECの点数で、その人の英語能力を見極めているのが現状ですよね。今後将来のことを踏まえると、会社勤めの方はTOIECの高いスコアを持っていると、かなりプラスに働いてくるのではないかな~と思います。

リケジョは900点以上のスコアを保持してるのですが、シンプルな学習方法で取得できたので、もしTOIECのハイスコア取得を目指している方がいましたら、参考にしていただけますと幸いです。

TOIEC900点を超えるおすすめ勉強法

リーディング対策

まずは、単語を覚える。なんだかんだ単語がわからかないと英語は読めません。大学レベルの比較的優しい単語長でよいので、1冊覚えてしまいましょう。
繰り返し暗記の作業になってしまいますが、基礎レベルの単語をしっかり頭にいれておくことで、そのあとがぐーんと楽になります。リーディングはこれだけ。至ってシンプルです。

◆単語帳を丸1冊覚える

リスニング対策

人の勉強できるキャパシティってどうしても限られている気がするんですよね。特にリケジョみたいな凡人は。机に向かってできる勉強時間って超頑張って1日3時間くらいですね。いかに勉強していると自分に思わせずに、日常生活で英語に触れておくかが大事かと思っています。なので、海外ドラマを見たり洋楽を聞いたりして、英語のリスニング力を高めていました。ぼーっとリラックしながら、映画をみて、楽しんでるだけでリスニングの勉強になるので、一石二鳥です。あと、オーディオブックも使っていました!洋書を読み上げてくれます。お気に入りの本を探して、お料理作っているときに流しておくだけです。あとは、自分の脳みそが勝手に英語を聞き取って覚えてくれることを願うのみ。この勉強は余暇としてもできるので本当におすすめです。繰り返し英語を聞いていることで、脳が英語に勝手になれてきます。リスニングはこの方法で、490/495点でしたので、本当におすすめです。

◆海外ドラマ/英語を観る
◆洋楽を聞く
◆オーディオブックを聞く

TOIECテストに慣れる

最後に、TOIECのテスト形式に慣れましょう。自分がどこの問題で時間を要すか、早く回答できる設問はどこか。テスト時間内より早く終わるのか、ギリギリなのか、終わらないのか…どういう順番で進めば効率よく点数が稼げるかしっかり考えておきましょう。TOIECの過去問又は模試を3回分解いてみることをお勧めします。時間をかけても間違えしまう問題形式があったり、時間かけずにサクサク進む問題形式があることに気づくはずです。よく間違える問題形式では、時間がかかりそうだったら、適当にマークして先に進んでしまっていました(多分悩んでも間違える確率高いと思うので)。TOIECの模試テスト又は過去問をすることで、テストの特徴がわかるとともに、自分の得意、不得意が見えてきます。テスト時間は限られているので、すべての問題をまじめに回答するのではなく、「自分の得意分野×時間配分」を考え、全部正解しようとするのではなく、「効率よく点数をとっていく」方が、スコアのアップに繋がります。

また、OIEC模試テスト又は過去問(3回分)で初めて出てきた単語は覚えるのではなく、そんなのあるんだね~くらいで特に覚えませんでした。難しい単語を覚えるというよりは、基礎的な単語のみに絞って暗記するだけでも、TOIEC900点はいきます。ただでさえ、単語帳で単語をいっぱい覚えているので、それ以上は無理です。

あとは、模試や過去問、同じのを繰り返し解いていました。同じ問題なのですが、2回目もやることで、1回目とは違う気づきがありました。問題の構成や時間配分、真剣にやらない問題等、2回目方が俯瞰してテストに望めると思います。2回目だから、回答知っているはずなのに、満点とれないんですよね(なんでだろう)。

◆TOIECの模試テスト又は過去問(3回分)
◆テストの特徴、得意不得意を見極め自分にあった戦略を立てる

更なる英語力向上のために

私は、単にTOIECのスコアが欲しいだけではなく、今後海外でも働きたいと思っているため、レアジョブ英会話をやっています。TOIEC対策にもなりますし、生きた英語を学べるので本当におすすめです。
週3回以上、1回25分以上をレッスンを受けることにしています。長くなってしまったので、レアジョブの特徴については、次の記事で書こうと思います。